hivになったはなし

2015年3月、HIVに感染していることを知りました

Too proud

ブログを書くとき、タイトルはいつも本文を書いた後に考えます。

何かテーマみたいなものを決めちゃうと、どうしてもそれに引っ張られてしまうから。

 

だから今もタイトルは空白です。

状況は昔から変わったけど、人の本質みたいなものは大きく変わっていない。

 

 

 

僕の好きだった人が死んで、昨日で3年が経ちました。

 

僕がHIVになる前後に好きだった人です。

病気になったきっかけの人ではありません。たぶん。

 

病気になる前は、セフレみたいな関係。

正直、お世辞でなく、めちゃくちゃかっこいい人でした。

さぞかしモテていたことだろう。

単純に、セックスの相手として僕は彼のことをとても好きでした。

 

僕がHIVになったことを知ったのは、彼と出会ってから4か月後のこと。

他にもセックスをする場はちらほらあって、無知な自分はただ遊んでるつもりだった。

 

病気のことを知った彼は、まず先に「俺大丈夫かな?」って言ってたな。

でもそこからは、セフレとしてではなく、僕と向き合ってくれました。

病気になって不安定だった時期を支えてくれた人は他にもいます。

でも、彼がそのうちの一人として大きな存在であったことは確かなことでした。

 

 

彼が死んだのは、僕がHIVになってから4か月後。

 

改めて考えてみると、僕が彼本人と一緒にいた時間よりも

彼の残した人たち(家族や彼の恋人)と触れ合った時間のほうが長くなっていた。

とっくに。

 

 

僕は彼の三回忌には行きませんでした。

 

彼の家族や親しかった人たちと、温度差を感じてしまうことが申し訳なかった。

たったの8か月しか一緒にいなかった僕と、もっと長く深い時間を過ごした人たち。

僕が彼の家族の前で泣かないのも、当然だと思う。

 

 

もちろん彼が死んだと知ったときの僕は今でもやばかったと思う。

知った日の記憶はあまりない。たぶん何も考えられないほど泣いた。

その後2週間ぐらいも、電車に乗ってるときやバイトの休憩中に急に涙が出てきて焦った覚えがある。

 

 

今も、悲しくないなんてことはない。

彼がもし今生きていたら、僕の環境は今とは全然違うものだったに違いない。

(僕の彼氏も今の人ではなかっただろうし、仕事も違ったかも。結局何もわかるはずもない。)

 

でも、彼に対する気持ちがとても深い場所に行くのが、少し怖くなっている。

 

 

悪いことじゃないと、個人的には思っている。

中途半端な気持ちで、人の死と向き合うのは失礼だ。

 

 

時間が解決する問題があれば、時間により触れられなくなることもある。

 

 

でも、彼の死んだことを、僕は一生忘れない。

これは嘘偽りのないことだと胸を張って言える。

だから、僕は一人で祈る。

 

 

彼が安らかに眠れていますように。

 

 

 

 

タイトルは、今から考えます。

優しい人

また月日が経った。

 

この病気を患ってこのようなブログを始め

気持ちの整理をしたり、その気持ちを伝えたり

薬の情報を発信したり、病気の防止を啓発したり

そんな人はたくさんいて、たくさんいた

 

自分もそうである。

 

でも、その多くがある日を境に更新がぱたりと止まる。

 

病気が悪化したのか

命に関わる状況に陥ってしまったのか

 

僕の場合は全くそうではなかった。

 

僕の場合は、日常になった。

 

僕の場合は、3ヶ月に一度の通院の際に1万円を支払うだけで

その先3ヶ月分の薬が貰え、

それを毎日欠かさず服用することで、いたって平凡な日常を送ることができている。

 

HIVに感染しても、薬を正しく服用することで以前と変わらない生活が送れます。」

 

全く、そのとおりなのだ。

だから僕は、

きっと他の多くの人も、

HIVに感染している、と知ったときの動揺を今はすっかり忘れ

この状況が「日常」になってしまう。

 

この病気に関して、日々の気持ちや生活を綴っていても

あまりの「平凡な日常さ」に、あえてブログに残しておくまでもなくなってしまう。

 

そういうことなのかと、思って、なんとなく今文章を書いている。

 

 

ある友人から、友人の知り合いがSNS自死を思わす投稿をしていると聞いた。

そのSNSを見せてもらった。

人が死ぬ、特に自死の道を選ぶ、と聞くのはやはり悲しい。

僕の友人も数年前に自殺をした。当時好きな人であった。

 

今日聞いた友人の知り合いも、僕の過去の友人も、

自死の及ぼす周りへの影響は、きっと、誰よりも考えたのだと思う。

それでも、生きることができないってどうしようもなく感じていたのかもしれない。

生きていれば楽しいこともある。だから死なないでって皆は言う。

じゃあ私が生きることであなたは責任を取ってくれますか?

人の人生を背負うことはとても重いことだ。

責任について尋ねられたときに、すぐさまイエスと言える人は多くないんじゃないかなあ。

 

実は僕も、というか、たぶん僕だけじゃないと思うんだけど(きっと結構たくさんの人が)

生きることがつらいと思っている。

 

それが限界に達したとき、やっぱりきっと自分も、

どうしようもなく「生きれない」って声を漏らしちゃうんだろう。

 

 

自分は昔から人の集まりに馴染むことが苦手で

いつもおどおどしていた少年だった。

いまも人の目を気にして、思うように言葉を発せなかったり、行動を起こせなかったりする。

もはやHIVなんて関係ない。

僕はもともと生きにくい素質を持っていたのである。

 

生きれないと思ったとき、逃げることができる人とできない人がいる。

 

逃げることを選べる人は、強い人だ。

自分をいい意味で大事に思っていて、自分を守れる人だ。

逃げることができない人は、優しい人なんじゃないかな。

というか、そうだといいな。自分も逃げられないと思う。

周りのことが気になってしまうからなんだよね。

 

ここで、「じゃあ周りの人は僕の人生に責任を持ってくれるのか」って

きちんと疑問を投げかけられるようになりたい。

この世の中にはいろいろなこと(助言だったり文句だったり)を言ってくる人がいる。

 

その人たちに声を大にして言いたい。

 

お前は人の人生の責任を取れるのか!と。

幕引き

自分が既に人生の主役から降りていることを感じる。

 

かと言って、誰かの人生を引き立てる脇役ですらない。

 

少しずつ、舞台から引いていって、誰かに気づかれることもなく、消えるのだ。

 

咲くこともなく枯れた僕の人生。

誰かに捧げたくても、それさえできなかった。

周りと同じように振舞っていても、手遅れで、同じになれるはずがないのは自他共に明らかなのだ。

 

エゴの塊だけど、誰かを幸せにしたいと強く思います。

せめてもの

1年ぶりにも関わらず、昨日はネガティブ全開の文章を書いてしまいました。

 

そんなこともあるけど、僕はまだまだ元気でいたいのです。

 

去年からジムに通い始め、もともと細かった身体にも少しずつ筋肉と脂肪がついてきました。

以前よりも時間にゆとりができ、睡眠を大切にするようになりました。

親といる時間が増えました。

 

 

無くしてから気づくことばかりの人生

せめてこれからは、良く生きていきたい。

 

 

息切れ

HIVを申告されてから2年と数ヶ月か経ちます。

ここ暫く、目に見えて体が弱っている気がする。

何をしても、すぐ疲れる。
そもそも疲れがとれないし
前は大好きだったご飯も、今ではたくさん食べるとすぐに気持ち悪くなって、吐いてしまうようになりました。

20代前半で、ここまで生きる力が減ってしまったことが本当に情けない。